• ホーム
  • ツボと治療薬のテグレトールでてんかんを対策

ツボと治療薬のテグレトールでてんかんを対策

2019年11月26日

てんかんによる発作や躁うつ病などに効果が高いとして支持を受けている薬がテグレトールです。
テグレトールには主に3つの特徴があると言われており、発作に対して好ましい効き目を発揮します。
それは、側頭葉てんかんに対し良好な働きをするということや部分発作を沈めるということなどが挙げられます。

ナトリウムの受容体を遮ることもできるため、根本的な解決にも繋がる点が多くの人々に選ばれている理由とも言えます。
このような点から、テグレトールは大勢の患者に選ばれているのですが、実は昨今登場した薬ではなく古くから存在していたという歴史があります。
主成分は1957年に生み出され、1963年にはスイスとイギリスで初めて抗てんかん薬として販売されたのです。

日本国内においては1966年に販売が開始されたのですが、効果の高さから瞬く間に抗てんかん薬として知れ渡ることになり、今日においては躁うつ病の対処に用いられることも多い治療薬です。
こうした高い効能を有しているのは、テグレトールには興奮状態に陥らせてしまう物質を遮断することができる働きがあるためです。
こうした働きにより、グルタミン酸というものとナトリウムが結びつくことが予防され、神経内に不必要な電気信号が発生することを抑制させます。

身体に見受けられる症状としては、全身に確認できるものと一部分に見受けられるものに分けられます。
テグレトールは部分的な変調に効果があると言われているので、比較的軽度な変化に良い働きをするということになります。
ツボなどで対策を講じることにより良い方向に向かうという声もありますが、根本的な解決を目指すためには長い時間を必要とするのでテグレトールの服用が最適です。

関連記事
テグレトールの続発性とロボトミーについて

最近の男性や女性の中でも特に若い世代に多くみられるのが、精神的な負担を多く抱えている人がたくさんいるということです。特に仕事となると厳しい納期におわれながらどんどんと仕事をこなしていかなくてはならずに、さらには現在の状況をきっちりと踏まえたうえでこれからたくさんの活躍を期待されるなど様々な要因により

2019年10月24日
テグレトールは後頭葉に働きかける?作用機序とは

てんかんと言えば、脳に異常な興奮が起きることで発作が発生する病気です。突然意識を失ったり、身体が勝手に痙攣してしまうなど様々な症状が現れます。この発作を予防するために、一般的にテグレトールというNaチャネル阻害薬の一種が使用されます。そもそも脳は、後頭葉など各部位で発せられた電気信号が神経細胞を正常

2019年09月26日
テグレトールと漢方による歯ぎしり防止

日本の社会においては寝相の悪い人がどんどんとふえてきており、より多くの人が寝相の悪さに困っています。特に夫婦間にといては男性の寝相が悪いことで、女性の方が夜には寝不足になったり、さらには歯ぎしりする男性も多いため、なかなか安眠できずに困っている女性も多くなっています。そのような中で、男性にとっての歯

2019年08月27日
専門医を見つけ、テグレトールと食事でてんかんを防ぐ

テグレトールは、Naチャネル阻害薬に分類される抗てんかん薬です。てんかん以外にも、躁状態や三叉神経痛を改善するためにも使われています。てんかん発作は電気信号が関わっていて、神経細胞で電気刺激が起こることで興奮が伝わるようになっています。電気の発生に関係しているのがイオンです。興奮はプラスの電荷を帯び

2019年07月28日
てんかんと結婚そして治療薬テグレトール、イーケプラ

大人になってから発症する特発性てんかんは原因不明なことが多く、結婚に不安を覚える患者が少なくありません。特に子どもに遺伝すると困るということで、結婚をためらうカップルもあります。総体的に見れば、てんかんはほとんど遺伝しないと考えられています。ただしてんかんにも色々な種類があり、ごくまれに遺伝しやすい

2019年07月09日
テグレトールで精神的な喉の詰まる不調と腹痛を改善

てんかんにはテグレトールがよく効くのですが、できれば服用する前に病気について今一度理解し直すことが有効的です。そもそも、てんかんが引き起こされてしまうのは脳内に存在している神経細胞に前触れ無く興奮が生じて、発作が引き起こされてしまうというものです。脳における慢性疾患と言われることもあり、患者は繰り返

2019年06月13日
テグレトールを服用する際に注意すべき飲み合わせ

てんかん治療薬のテグレトールを服用する時にはグレープフルーツジュースを飲む事は避ける必要があります。どうしてグレープフルーツジュースが良くないのかというと、薬の効果を高め過ぎてしまうからです。小腸の粘膜にはCYP3A4と呼ばれる酵素が存在していて、この酵素がテグレトールを体内に吸収する際に分解されて

2019年05月24日
テグレトールにはどんな副作用があるのか

抗てんかん薬として長い歴史を持つテグレトール。てんかんだけでなく、躁うつ病や三叉神経痛にも効果があるため、多くの人がその薬効の恩恵にあずかっています。テグレトールには脳内の興奮を抑える作用があり、てんかんの発作を抑制してくれるほか、気分を落ち着かせる働きがあります。非常に効果の高いテグレトールですが

2019年05月12日